新宿女子会オススメレストランランキング!

女子が夜な夜な集まり、美味しい料理を食べながら話に花を咲かせている「女子会」と呼ばれる集まり。
ほとんどの女性は、参加した事がないという人の方が珍しいほど定番化していますよね。

特に新宿には特徴あるお店がズラリ!
交通の便も良いので、皆で集まるには丁度よい立地にあります。

そんな新宿で女子会をするなら、料理や雰囲気なども重要ですが会費もクーポンが使えるお店でお得に開きませんか?
『新宿女子会ランキング』(サイト→http://www.xn--6oq05w5obwmo42b.com/)では、オススメのお店がランキング付けされていて、幹事様には大変参考になる情報が沢山載っていますよ!

もちろんクーポンも掲載しているので、どのお店にどんなクーポンがあるのかもすぐに知る事ができますよ。
折角女子会を開くなら、美味しい料理をお手頃価格で食べたいですよね!

会社の同僚や学生時代の友人たち、地元のお友達などなど色々な交流の場に最適なレストランが載っているので、お店探しに大変貢献してくれること間違いなしです!

おすすめのコース内容などについても情報を得る事が出来るので、自分たちの会に合った料理の提供方法でも選ぶ事が可能となっています。

お店探しに苦労している方や良いお店を探したい方は、是非上記サイトを参考にしてみてくださいね!

外国籍の方と相続の重要ポイント!

最近では外国の方と結婚する人が増えていますよね。
そんな中、法律事務所などでは海外に資産を所有している場合の相続問題についての相談が増えているようです。

外国籍の方の相続問題はケースによって対応が変わってきます。
まずは外国籍の方が相続人なのか、被相続人なのか、という点が重要です。

日本の法律では、「相続は被相続人の本国法に基づく」とされています。ですので、亡くなった方が日本人で相続人が外国籍の方の場合は、日本の法律が適用されます。

しかし、亡くなったのが外国籍の方の場合、その方の国の法律が適用されることになります。
ただし、被相続人の本国法に「死亡時の居住地の法律を適用する」と定めている場合があります。そうすると、日本の法律を適用するか、または亡くなった方の国の法律を適用するか、という問題が出てきます。
このようなケースに対応して「当事者の本国法によるべき場合において、その国の法に従えば日本法によるべきときは、日本法による」という通則が定めらています。このように、その国の法律に従った結果、日本法が適用されることがあります。

外国籍の方が絡んだ相続は、日本人だけの相続問題より複雑になるケースが多いです。ですので、一度は弁護士など法律のプロに相談することをオススメします。