小郡市の学生のみなさんへ!

福岡県小郡市の学生のみなさん、勉強ははかどっていますか?
自力ではなかなか成績が上がらずに悩んでいるという方もいらっしゃるかもしれません。
また、かつて塾や個人塾に通ったが自分には合わなかったというケースもあるでしょう。

そのような場合は、ぜひ『家庭教師のデスクスタイル』の力に頼ってみましょう。
あなたに最適な指導と学習スケジュールの作成で、最短距離であなたに成績アップというトロフィーを差し上げます。

といっても、デスクスタイルはあくまでも”サポート”的存在であるということを忘れてはいけません。
一番頑張らなければならないのは、他でもないあなた。
デスクスタイルと二人三脚でたくさんの勉強の山を乗り越えていっていただければと思います。

本契約までにまず最初に行うことは、無料の体験学習を受けることです。
こちらは料金が発生しないということもあり、気軽に受講できるでしょう。
保護者のみなさんにとっても決して悪い話ではないはず!

そこでデスクスタイルの指導内容をきちんと見極め、そこから自分に合っていそうであれば本格的な指導をスタートさせてください。
ぜひ一度、小郡市の家庭教師と言えばこちらのサイトはおすすめですのでご覧になってみることをおすすめします。
もちろん、保護者の方とご一緒に!

外国籍の方と相続の重要ポイント!

最近では外国の方と結婚する人が増えていますよね。
そんな中、法律事務所などでは海外に資産を所有している場合の相続問題についての相談が増えているようです。

外国籍の方の相続問題はケースによって対応が変わってきます。
まずは外国籍の方が相続人なのか、被相続人なのか、という点が重要です。

日本の法律では、「相続は被相続人の本国法に基づく」とされています。ですので、亡くなった方が日本人で相続人が外国籍の方の場合は、日本の法律が適用されます。

しかし、亡くなったのが外国籍の方の場合、その方の国の法律が適用されることになります。
ただし、被相続人の本国法に「死亡時の居住地の法律を適用する」と定めている場合があります。そうすると、日本の法律を適用するか、または亡くなった方の国の法律を適用するか、という問題が出てきます。
このようなケースに対応して「当事者の本国法によるべき場合において、その国の法に従えば日本法によるべきときは、日本法による」という通則が定めらています。このように、その国の法律に従った結果、日本法が適用されることがあります。

外国籍の方が絡んだ相続は、日本人だけの相続問題より複雑になるケースが多いです。ですので、一度は弁護士など法律のプロに相談することをオススメします。